「すべての人には居場所がある」「どんな人も、自分の望む暮らしを実現していける」「家族が近くにいない人も、孤立せず人の輪の中で生きていける」──MUGENプロジェクトはこのような想いを持って、2022年に発足しました。

いま、日本では「住まい」や「家族」をめぐるさまざまな問題が浮かび上がっています。核家族化、地域コミュニティの消失、引きこもる人の増加、8050問題、虐待や共依存──枚挙にいとまがないほどで、むしろ、そうした問題とまったく無縁な人を見つけるのが難しいぐらいです。社会や家族のありかたの問題は現代日本人にとって非常に根深いと言えるでしょう。

助け合える人間関係をもつこと、その中で居心地よく自分自身でいられること、幸せに生きていくことは、すべての人にとっての究極の命題であり、はじめにあげた、MUGENプロジェクトの想いは、一部の人だけでなく、すべての人の想いとなりうるかもしれません。

想いを実現していこう。形を作っていこう。なにか自分たちにできることをやっていこう。

MUGENプロジェクトのメンバーは、3人とも、福祉のプロではありません。不動産投資家と、ファイナンシャルプランナー、ライターと、福祉業界とは畑違いのところで活動をしてきました。

けれども、程度の大小はあれ、どの人も「自分ごと」としてこのプロジェクトに関わっています。

自分が幸せでないと、他人を幸せにすることはできない、とよく言われますが、「自分ごと」でなにかをやる時のモチベーションやエネルギーは大きく、周りの人を巻き込み、動かす力も大きいのだと思っています。自分自身を助けることが、周りの同じような問題意識や困りごとを抱えている人たちを助けることにつながると信じて活動を進めています。

今後、この想いに共感してくださる方とつながり、交流を深めて、京都市全体(ひいては日本全国)に助け合いのネットワークをつくっていけたらいいなと思います。私たちの活動に興味を持たれた方、当サイトのお問い合わせフォームまたは公式ラインよりご連絡ください。