2020年

「東福寺ふじょハウス」(女性専用シェアハウス)

夏に、発起人のMが、自身がフリーランスライターを始めたことから、同じようにフリーランス(やフリーター)で頑張っている女性を応援したいという思いでスタートした。ふじょハウスのネーミングは、ふ(フリーランス)じょ(女性)と、「扶助」をかけたものである。このシェアハウスには、時々、友人たちが遊びに来たり、また、居場所に困って緊急避難的に短期滞在したいという友人たちを受け入れたりもしていた。

2021年

ふじょハウスにて、気心しれた人たちと集まって話をしたり、活動したりなど賑やかな日々。「コレクティブハウス」の構想を練り始める。場所が手狭になったことと、物件オーナーの都合により退去を余儀なくされ、2022年はじめに東山三条のビル「ラメール三条」へ移転決定。

2022年

3月に、旧・東福寺ふじょハウスの居住者Mがラメール三条に引越し。東福寺ふじょハウスは木造の日本家屋だったが、ラメール三条は都会的なマンションであり、また、すでに居住している人たちで占められており、はたして理想としているようなコレクティブ的暮らし方ができるのか? 確信は持てないがともかくやってみるしかない。

夏に、用途に悩んでいた1階にネパールレストラン「ミニネパール」が入居決定。満を持して8月に無事オープン。建物オーナーと、Mはじめ居住者たちも力を合わせて店の運営をサポートし、0からのスタートであったミニネパールを盛り上げていく。

秋になると、2階女性シェアフロアに次々に入居者が決定。それぞれ自分の夢や目標を持ち個性的な若者たちである。居場所に悩み一時避難場所を探している友人の受け入れも重なり、ラメールが一気に賑やかに。

一時滞在場所を探していた音楽家、HBさんの受け入れにより、アーティストインレジデンスも始まった。家賃を割引きする代わりにミニネパールで音楽ライブを開催してもらうという条件でスタート。HBさんの滞在をきっかけに、秋からはほぼ毎週のようにライブ演奏が流れる店となる。(現在はライブ開催は不定期)

また、京都市で少女・女性たちの支援を行う「京都わかくさねっと」さんとのコラボイベントとして、ミニネパールにて毎月定期的に「夜の居場所」イベントも開催。

2023年

前年度までの、イベントをたくさん打って場を盛り上げる動きは一段落し、建物内部の機能充実と、居住者の生活向上やメンタルケアに取り組み始める。居住者を巻き込んだ月一交流会を開催し、思いや考えていることを「話せる」場を作っていこうとしている。今年度の目標は「支援とつながれるビル」「お互いに元気を与え合える場所」を実現すること。楽しいことを共有してインスパイヤし合うことはもちろん、困ったことがあっても助けに繋がれる窓口として機能させることができたら一番である。