シェアハウスのような密接な距離感よりもう少しプライベートを大事に、でも同じ建物の中でゆるやかに繋がりながら、ともに暮らしていく。

家族がない人でも、孤立せず孤独感を感じない、もう一つの「家族」にも近いような仲間になれたら…

収入が低い人や、自炊が苦手な人、病気や障害で外に出るのがしんどい人でも、食に困らないで、栄養のある美味しいものをしっかり食べられるような場所にできたら…

信頼できる仲間たちと集い、話し、楽しめる場所にできたら…

そんなイメージをもって、ラメール三条コレクティブハウスは、2022年3月頃に静かにスタートしました。居住者や、関わってくださる人たちの力をかりながら、少しずつ成長している途中です。

スタートしてから、ラメールのコンセプトに共感してくれる人たちが少しずつ集まり始め、今(2022秋冬)ようやくコレクティブハウスとしての輪郭が見え始めた感じがしています。

時々、「コレクティブハウスやってるの?すごいね!話聞かせて!」とお見えになる方々がいらっしゃるのですが、(興味をもっていただけることは大変ありがたいのですが)そういう時、いつもなんと答えていいかわからなくなります。「あれ?コレクティブハウスってなんだっけ?」と我に返って考えてしまうことすらあります。それぐらい無意識に、居住者たちはただ普通に暮らしを営んでいるだけ。…

私たちは何かをやってます!コレクティブな暮らしやってます!というのではなく、静かで(時には賑やかで)淡々とした日常の中に、コレクティブ的なものが見える。ひとつひとつは、日々の生活の中の本当にささいなことなのですが、それらの断片を寄せ集めて眺めてみると、「これってコレクティブ的だよな」と気づく、そういう感じです。

そんなゆるく適当な感じですが、これからも、この調子でゆっくり無理なくマイペースに歩みを進めて行って、みんなが安心・安全に暮らせる理想の住まいを実現していきたいと思っています。

4階建ワンルームタイプ(シェアハウス型フロアあり)マンション

「シェアハウスとの違い」について質問をいただくことがよくあります。いちばん大きな違いは、プライベート空間の充実度、だと答えています。シェアハウスの場合、個室はあるものの、トイレや風呂、キッチンなどは共用である場合がほとんどですが、ラメールは、ワンルームタイプのマンションなので、一室ごとにトイレや風呂が完備されています(*2階のシェアフロア除く)。そのため、「みんなと一緒に暮らしたいけれど、お風呂やトイレやキッチンは自分専用のを使いたい」「部屋の中で全部完結させたい」「完全に自分ひとりになれる空間が欲しい」という人も安心して生活できます。

施設案内

1階は、ネパールレストラン「ミニ・ネパール」がテナントとして入居しており、365日おいしいネパール料理を提供しているほか、居住者同士、または居住者とお客さんや、お客さん同士の交流場所としても機能しています。自分たちで企画したイベントやライブを、ここで開催することも時々あります。

2階は、ワンルームタイプの個室2室と、女性専用シェアフロアからなり、シェアフロアには個室が3室あります。ここでは女性たちが和気藹々と生活しているようです。

3階・4階は、ワンルームタイプの個室がそれぞれ3室ずつ。

4階メゾネット部分もシェアフロアになっており、個室3室とシェアリビングからなります。このフロアの特典は、屋上にすぐ出られること。晴れた日は屋上から京都の街を眺めながら、ハンモックや椅子の上でくつろぐのが楽しい。

フォトギャラリー