一般の賃貸物件を借りようとする時、「引っ越したいけど、敷金・礼金や管理費などの初期費用が高すぎて二の足を踏んでいる」「いろいろな手続きが大変そうで自分一人ではできそうにない」「保証人がいない」…などの悩みがつきまといます。

そういう時、管理会社を挟まず、物件オーナーとの直接契約で借りられる物件があると、仲介手数料を節約できるし、やりとりを直接できるので、エコかつスムーズな引っ越しが可能になります。

「ラメール三条」もそうした、「直接契約」の物件の一つです。オーナー(T-accommodation株式会社)は、ラメール三条のほかにも、直接管理運営する物件を京都市内に複数所有しており、入居希望者のニーズに合わせて、お部屋をご紹介しています。

事例1

同居していた交際相手との関係が悪くなり、家を飛び出し、友人宅を転々としていたTさん。MUGENメンバーの知り合いからの紹介でつながりました。親の扶養に入っているため、福祉の給付金受給に制限があり、しかし親と関係がよくなく、貯金が尽きていく一方…取り急ぎ、すぐ入れる家を紹介し、短期間入居してもらい、その間に次の行先を考えることに。Tさんはコロナ で職を一時的に失っていたものの、他のアルバイトを見つけて、生活を立て直すことに成功、本人が希望していた京都市内のシェアハウスに引っ越すことができました。

事例2

同じく、もともと京都に長く住んでいたがコロナで仕事を失い、知り合いのところに居候したり、ゲストハウス の住み込みバイトをしたりなど、全国を転々としていたKさん。はじめは楽しそうと思って新しい土地での生活を始めるものの、行き詰まって傷つきまた移動する、という経験を繰り返し疲弊しきって京都に戻ってきました。ラメール三条にしばらく滞在し、MUGENと連携している福祉事業者さん等に相談を重ねて、一人暮らしできる物件を紹介してもらい生活保護を受給することに決定。無事に転居し、現在、心身を休めて次のステップに踏み出せる英気を養っている最中。